« 四川、上海2 | トップページ | 只今、開催中! »

2015年11月 4日 (水)

四川、上海1

9月に続き、今回は四川上海の調査を10月24日から11月3日までおこないました。

四川では西華大学の符永利先生および張成先生の調査に同行させていただき、巴中を中心に多くの石窟を見ることができました。成都経由で巴中に到着した翌日、通Img_0809江の千仏崖、巴中の水寧寺を訪れ、念願の阿弥陀五十菩薩像図などを調査することができました。巴中の仏像は保存が良く、多くが頭部を備えています。日頃頭の無い像ばかり見慣れているので、驚きました。
2日目は巴中の南龕から始まり、北龕、西龕を調査しました。ある程度観光化しているので、行くのは簡単だと思っていましたが、南龕以外はたいへん苦労しました。なにしろ、同行してくださった符永利先生や張成先生たちでさえ、道を聞いても地元の年配の方の言葉が分からず、また若い人は石窟の存在もよくしらず(あるいは、こちらの呼称と地元のひとたちとでは、呼び名が違っていたのかもしれません)、なかなか到着することができませんでした。
西龕はほんとうに分からず、4時になり暗くなりかけ諦めかけていたところ、親切な地元の女性が、わざわざ車に乗り込んで道案内してくれたおかげで、ようやくすべて見ることができました。今、まさに戴冠する如来像など、すばらしい像を見ることができて、幸せでした。思わず、記念写真まで撮ってしまいました。
Img_1100

|

« 四川、上海2 | トップページ | 只今、開催中! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四川、上海1:

« 四川、上海2 | トップページ | 只今、開催中! »