« 龍門石窟他1 | トップページ | 四川、上海2 »

2015年10月17日 (土)

久しぶりに

本当に、長い間、ブログを更新することなく、過ごしてしまいました。これは、私および研究室の対外的な活動が、12月から6月頃まで休止状態となることと、今年度は6月の中国調査をおこなわなかったことに起因します。しかし、報告すべきことは多々あったことは事実で、やはり私の怠慢が最大の原因であったと反省しています。

「山東地方の唐前期造像に関する一考察」『芸術研究報』35
「西安宝慶寺塔石像龕と同時期の他地域造像について」『仏教芸術』341
「邢窯地区出土の白陶仏龕について」『陶説』751
が、この3月から9月までに発表した私の論文です。
私としては、『陶説』にデビューしたことが画期的で、本年1月12日から17日にかけて大阪市立美術館の主任学芸員である小林仁さんに誘われ、窯地区を調査した際に見た、釉をかけない素焼きの仏龕についての紹介をしました。
Photo_3 いくつか様の仏龕を見たのですが、型を使っていたらしく、ただし、同じ型を使用したものでも、基礎部の長さが異なるため全体の大きさが異なるなど、造りが丁寧ではありませんでした。
近くの南宮後底閣村遺跡から、石灰岩製のほぼ同じ形の仏龕がいくつか出土していることで、白陶仏龕は石造仏龕の代用品、あるいはより廉価な大衆向けの仏龕であったと考えられます。さらにその石造仏龕は、山東省青州市龍興寺趾出土の石造仏龕と極めてよく似ていて、両地区の影響関係が気になります。興味深かったのは、40㌢ほどの個人像の大きな如来倚坐像で、これには褐釉がかけらていました。写真を必死に取っていたところ、同行してくださった方から、これはごく最近釉がかけられたものであることを教えられました。結構驚きました。興味深い経験でした。
Img_7696
開元期に入ってからの像でなないかと思います。太腿に袈裟がぴったりと貼り付く、おそらくはインドブームにより始まった形式を採用し、胸の筋肉表現は明確ではありませんが、上半身には厚みがあり、立派です。付近からは菩薩像なども陶俑と同じ窯址から出土していますが、これほど大きな像は、見られませんでした。
貴重な経験をさせてくださった、小林仁さんに感謝いたします。帰国前の夜、久しぶりにふたりでお酒を飲みました。学生時代を思い出し、スーパーで買い物をしている小林さんの姿が、ふと脳裏をよぎりました。

|

« 龍門石窟他1 | トップページ | 四川、上海2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに:

« 龍門石窟他1 | トップページ | 四川、上海2 »